公益財団法人 住吉隣保事業推進協会 歴史資料データベース 本文へジャンプ
大川恵美子画集目録

はじめに
住吉をはじめ全国の部落解放運動を牽引してきた故大川恵美子さん。彼女には運動家としての顔以外にもいくつかの顔がありました。なかでも絵の才能に長けていた彼女は、住吉部落の昔の暮らしぶりや仕事などを描き出し、手がけた作品は108点にのぼります。

絵画にみる世界
 絵画の内、57点は水彩画で、51点がスケッチでした。108点の作品の内、99点が住吉の仕事と暮らしに関する絵で、自画像3点を含む9点が人物画です。住吉の仕事と暮らしに関する絵画を分類すると@衣・食・住に関する絵が53点、A仕事に関しては15点、B年中行事の関連画が8点、C運動や差別を風刺した絵が12点、Dその他に大別できます。そこでは、厳しい差別の中を生き抜く住吉の人びとの「知恵」や「ユーモア」が、独特なタッチで描かれ、その人びとをひときわ引き立てているのが、細部に至るまで精巧に描かれた背景です。それは、まるでカメラで撮影したかのごとき世界で、そこには冷静に世の中を見渡す観察者としての大川さんがみうけられます。

自画像
目録を閲覧(pdf)
故大川恵美子さん画集目録に著作権は、公益財団法人住吉隣保事業推進協議会に帰属します。著作権者に無断で転載・複製などを行うことはできません。
著作権者に無断で転載・複製などを行うことはできません。